野生の電子レンジが襲ってくる世界にきました -天才ハッカーのハッキング無双ライフ-

レビュー一覧 ▽レビューを書く

なるほどこれこそ「空想科学」の真骨頂である

投稿者: クレヨン [2017年 05月 17日 00時 04分]
 発展しすぎた科学はさながら魔法のようであるとはよく言ったもので、独特の世界観のなかで展開されるそれは、ある意味魔法のような側面を持ちながらも「魔法だから」で済ませられるような陳腐なものではない。科学的に不可能な魔法のような出来事をそれこそ「空想科学」で説明したこの物語は、このジャンルの良さを最大限に利用していると言える。
 そしてそんなよく練られた設定と文中での説明に加えて魅力的なキャラクター達、これがこの作品の最も凄い所で、例えばヒロイン達は「美人」などという表面上の言葉に頼ったものではなく、彼女らの心理描写や行動から読者に魅力を伝えている。またそんなヒロイン達が主人公に惹かれる様は、よくあるチートハーレムのようでありながら、そのヒロイン達は主人公のチート的な強さではなく、著者によって生み出された主人公独特の魅力に惹かれている。
 いわば、作者の表現力が最も現れている側面だと言えよう。

冷凍されて目覚めた200年後の世界は、野生の家電が襲ってくる無法地帯でした!?

投稿者: 奥手章擧 [2017年 01月 06日 21時 53分]
野生の電子レンジが襲ってくる世界に来ました

そんな非常識で荒廃した世界で主人公のハッカーは時に炊飯器に食べられて、時に味方の足を引っ張って、時にメイドAIと触手プレ………え?

そんな世界でチート能力で無双する………訳でもなく、為す術無く蹂躙され全く活躍できない主人公。
唯一の特技のハッキングでさえ、自分のメイドAIの方が遥かに優れているというダメダメな主人公。

そんなクソダサ駄目系主人公が毒舌ツンデレ完璧美少女型メイドAIや個性溢れる愉快な仲間達と、笑ったり戦ったりネット設備を作ったり。

そんなユルユルの生活を送る、天才ハッカーのハッキング無双ライフ。

機械生物が跳梁跋扈する世紀末で通信革命を起こそう!

投稿者: 右左 一奥 [2016年 10月 12日 12時 31分]
遠未来、文明崩壊後のポストアポカリプスもの――と言えばありきたりかも知れませんが、大地にはプラズマライフルの生る木々が繁茂し、野生の炊飯器や電子レンジに襲われ食い殺される、と言えばどうでしょうか?

実に絶望的なカオスでマシンパンクな独特の世界観。
そんな世界で、強烈な個性を持つ人間や人間以上に人間臭いアンドロイド達が大暴れしていくのです。
相棒の毒舌メイドAIを筆頭に、クセの強いキャラ達が、時に欲望丸出しに、時にヒャッハーに困難を切り開いていく様は実に爽快。
タイトルに「無双」とはあるものの安易な俺TUEEEEEもなく、主人公のコミュ障具合が愉快な面々のパワフルさを引き立てており、かけ合い好きにも満足できるでしょう。
あと個人的に男女比がバランス良いのも好評価です。あ、可愛いヒロイン達はちゃんといますよ?(笑

なろう連載ならではの、テンポの良いスピーディなストーリーをお楽しみあれ。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ