引きこもり王女様のへりくつ

レビュー一覧 ▽レビューを書く

ちょっと変わった童話を覗いてみませんか?

投稿者: ひょろ [2017年 10月 12日 23時 29分]
話の内容がとても面白い!
なろうらしさを取り入れた新しい作風の童話です!

とある王国、とある王女様の物語です。
その王国には不思議な塔があり、4人の王女様がいてそれぞれ中に入ると春、夏、秋、冬、4つの季節が訪れるのです。

王女様たちは交代でその塔に入ります。
それが王女様たちの役割だからなのです。

しかし、あるとき冬を担当する王女様が言いました。

「私、ここから出たくありません!」

その言葉から始まる国にとっては一大事な事件。
さて、なぜ王女様は塔から出たくないのか。
そして季節が巡らなくなってしまった王国はどうなるのか。



恋の物語から始まる大事件、是非一度読んでみてみませんか?

好きにならずにはいられない!

投稿者: 降壱夜・遺跡 [2016年 12月 18日 19時 47分]
お姫様や王子様が登場する童話と聞いてどんな話を思い浮かべるでしょう。
悲しかったり優しかったり楽しかったり。
この作品は、それらの感情が充実した綺麗な作品だと思いました!

なにより、引きこもり王女のギャップ(カッコよさ)に私はやられました! 冬の王女様と対照的な一途な召使いの存在も良かった!

ぜひたくさんの方に知ってほしい作品です!
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ