コボルドキング

レビュー一覧 ▽レビューを書く

コボルトモフモフ建国記

投稿者: 佃煮 [2018年 01月 17日 09時 33分]
※注意
 この小説は容赦ない作者様による
 ・可愛いモフモフ
 ・カッコいいモフモフ
 ・顔が怖い人間のとその取り巻き
 ・一人変態
 ・その他大勢の悪い人間たち
 が含まれています。グロ描写の苦手な方は、コボルトたちのモフモフ癒し成分を摂取し、無理のない範囲でお読み下さい。

 剣と魔法の世界、モンスターが蔓延る森は日進月歩で拡大していた。そして、生存圏が脅かされている人間たちは...

          同族争いしていた!!!

 国家間戦争、政権争い、後継争い、宗教問題、格差社会による弾圧・搾取・差別、etc...コイツらブレねえな。

 そんな中、モンスターにも人間にも襲われるコボルトたちは森の外沿部で一族一致団結してモフモフしていた。
 そこに一人の足が臭い人間が訪れ物語は動きだす。

 これは、顔が怖くて足が臭いコボルトの王様による友達の為の建国記。

山場を迎えた?国成り物語

投稿者: 666 [2017年 10月 15日 09時 34分]
悪鬼羅刹も裸足で逃げ出す怖い顔、大鉈を小枝の様に振り回す剛腕の騎士団長。
そんな男がコボルド達の窮状を救うため、ついに起つ。

と書くとシリアス一辺倒に聞こえますが、そんなことはない。

情に厚く・朴念仁で・モフモフスキーで加齢臭の漂うおっさんと、ワンコ達が楽しく・シリアスに人間どもに立ち向かい、権利と立場を確立するために国を作ろうとする物語です。

オヌヌメ!!

犬や男も惚れる男気と腕っぷしを堪能せよ!

投稿者: 退会しています [2017年 08月 13日 14時 10分]
威圧感のあるコワモテ外見とはうらはらに、犬に似たコボルドを愛する、心優しき元騎士団長のガイウス。地位も名誉もあっさりと捨てて、たどりついたのはコボルドの村。のんびり彼らと暮らそうとした先に、エゴが渦巻き、私利私欲にまみれた人間たちが立ちはだかっていく。ガイウスの男も惚れるその腕っぷしと心意気。彼を取り巻く個性的な仲間に渦巻く陰謀と、息もつかせぬ展開に目が離せない。

とある王国の強面騎士団長

投稿者: はく [2017年 05月 15日 19時 53分]
とある王国の強面騎士団長。
犬にも恐れられる心優しき強面男。

撫でたい犬にも近づけず、寂しく隠居の旅すがら、ひょんな事から犬の容姿にソックリなコボルトを助ける事になる。

幸せはどこから来るかわからない。
そうして出会う強面を怖がらないコボルトの子ども達。

その時彼は決めたのです。
ここに住もうと…

穏やかな生活と魅力に溢れた登場人物達の和やかなな小説。
オススメです!

― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ