魔王の器

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: モフモフ  [2017年 09月 10日 01時 31分] ---- ----
良い点
何っ!?と思う展開もありましたが、それだけ感情移入が出来た小説です。特に一章のヒルデガンドの部分では気づいたら頬をつたる涙が…( ;∀;)
気になる点
『早すぎる登場』の回にて、ランクがラングになっててドラフト候補生と混合してますよー(>_<)
一言
賛否両論ありますが、個人的にはとても楽しませて頂きました!
終わりに向けて今後どうなっていくか楽しみにしてます!
3巻も早く出ないかなー(*^^*)
投稿者: 青犬  [2017年 09月 08日 20時 05分] ---- ----
一言
学園ぐらいの範囲では描写も設定も展開も練りこめるのだと思います。

しかし範囲が国、それをこえて世界となると、完全に白紙状態から急ごしらえで形だけ整えたかのように感じられます。

言い換えれば、局所は作りこめても大局では作りこめない方なのかなという印象です。
学園編中も、主人公と接していない時にテーレイズやソフィーリア、はては辺境領主達が何をしていたかといえば何の行動もとっていない。


つまり、主人公が見える範囲のところでしか世界が動いていないのですよね。
投稿者: あき  [2017年 09月 06日 09時 31分] ---- ----
一言
激しい爆風が勇者たちを包む込んだ。→包み込んだ?
投稿者: KATUKINGUMAX  [2017年 08月 25日 15時 07分] ---- ----
一言
どこが敵に対して悪逆非道なのかまったく理解できない。
敵のモブに対しては確かに悪逆非道なのかもしれないけど、主要キャラに対して甘すぎ。最初のマリーの話のところからイライラしたけど、ディーとセレネの話でもう限界。
投稿者: つる  [2017年 08月 20日 20時 09分] ---- ----
良い点
めっちゃおもろいです!次回早く読みたいです!
投稿者: PON  [2017年 08月 19日 21時 42分] ---- ----
一言
ミクロに目を向ければ過去より連綿と続くなろう小説の典型的な描写が散見される。
とにかく主人公を持ちあげる。
主人公は至高の存在で、他のキャラクターは主人公を持ち上げるための舞台装置でしかない。
特に、敵側にその傾向が強い。
カムイに接した時なんかはもう、判を押したかのように反応が一緒。
「なんだと!」「お前が怒らせているのだろう!」「それは……」「待て!」「どういうことだ?」
セリフもほとんど一緒なら流れもほとんどこれ一本。
一方で、キラリと光るキャラクター達もいる。
クラウディアとテレーザとテーレイズ辺りですね。
まぁクラウディアとテレーザは途中までは舞台装置でしかなかったのに化けたな、と思います。
問題は化け方が激しすぎて、設定変更になったというのが透けて見えることですが、まぁそれはよろしいでしょう。
テーレイズは、吃音キャラっていうのが珍しく、また知略キャラ……だった。
だというのに王位継承権を放棄してからの彼は突然知能が低下して主人公とその周りもちあげ舞台装置になってしまったのが残念です。
主人公であるカムイの見せ方もよくない。
悲しい過去にも負けない主人公ステキ!誰に対しても媚びない主人公カッコイイ!どんな相手でも優位に立つ主人公様抱いて!というような浅いものが多い。
実際には主人公本人ではなくて周りに言わせる不幸自慢だし、ただの傲岸不遜だし、物語全体が主人公を持ち上げ続けるお話だから食傷ぎみになるしワンパターンと、落ち着いて分析できる人間にとっては決してかっこいいものではない。
このように中学生、せいぜい高校生ぐらいまでしか同調していい気分になれないよくあるなろう小説、という感じが見えます。
しかし、一方で、そのカテゴリの中では最高峰、とも思えます。
たくさんいるキャラクター達を、色々動かしてはいるし、物語に引き込む力を充分に感じる。
あるいは、こういった小説は中学生や高校生相手にはウケるので、作者様はわざとこういう描き方をしてるのかもしれない、と思わせます。
中二病患者というのはネット小説やラノベのメインターゲットのひとつですからね。わかってやってるのだったら、それは立派な手法と言える。
だから上で書いたようなことも気になる点には書かなかった。
一方でもう一つのメインターゲット層の高二病患者にはちょっときついものがありますが。
個人的に気になる点はあれど、そういった点に目を瞑れば普通に面白い、と思えます。
投稿者: さいふぁ  [2017年 08月 04日 19時 40分] ---- ----
良い点
1~208話まで一気に読みました
面白いです
ヒルデガンド、テレーザ、好きです、というか大好物です
気になる点
「てにをは」だけかな
ルシアの心の変遷をもう少し詳しくして欲しかった、かな
私のように更新と同時に読む人ばかりではないと思うので、地図はもっと前の話数に差し込んでほしかったです

一言
続きを是非!!
そしてラルフは今どこに……
投稿者: もんきち  [2017年 07月 18日 23時 21分] 30歳~39歳 男性
良い点
とても面白かったです。

途中で飽きて読むのをやめてしまう作品が多い中、魔王の器は一気に208話まで読み進めてしまいました。

状況によって主要キャラクターとカムイとの立場が変わっていく様が面白いです。
若気の至りで自分より優れた相手を認められず、噛み付いて反発して自分の首を絞めてしまうテレーザだったり、自ら組織を引っ張る覚悟がなく徐々に守りに入るくせに、プライドだけは燻り続けるディーフリートさんとか好みです。

気になる点
ディーフリートの心理描写がもっと読みたかったです。
卒業後のセレネとのやり取りや、カムイ離脱からソフィーリア暗殺までの苦悩(苦悩してたのかな?)等、おそらく色々あったであろう部分が抜けてたので、後半の彼の変化がすんなり入って来ませんでした。
一言
どういう結末にせよ、カムイとその仲間達がどんな人生を送ったのか最後まで読みたいです。
応援しています。
投稿者: むっつりさん  [2017年 07月 18日 14時 26分] ---- ----
良い点
非常に面白いと思います!
読み進めるとまさかこんなことに...となったり、
主人公達の人間関係など、読んでいて心が踊ります。
とても夢のある話で、時間がなく、まだあと5話ほど読みきれてませんが、楽しく読ませてもらっています。
一言
読んでいて気分の悪くなるコメントが何件かありますが、
あまり気にしすぎないよう...
更新待っています
投稿者: 豆電球  [2017年 07月 12日 11時 35分] ---- ----
良い点
3章まではイッキ読みするほどハマりました。
気になる点
4章以降は酷すぎて全く読んでません。読む気にもなりません。
一言
この魔王の器しか読んでないんですが、他作品のことごとくが「前半は凄く良いが後半から急激に面白くなくなる」と評価されてるんですね。
頭の病気か何かですか??
まともに書けないんだから長編なんか辞めて短編のみにしてみては?
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ