長く短い放課後の詩集

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 伊達者  [2014年 12月 02日 01時 47分] ---- ----
一言
うむ、リア充だ
ナチ    [2014年 12月 19日 17時 52分]
日本よ、これがリア充だ。
投稿者: 鈴野 凛  [2014年 12月 01日 14時 33分] ---- 女性
一言
感動しました。
なろうでこんな小説に出会えるのか、と思って感動しました。
いやー、これはすごい。めちゃくちゃ良かったです。
文章が本当に文学的ですよね。恋愛小説って感じです。参考にしたいくらいです。
私はこういう文章がなかなか書けなくて。羨ましいです。

最後の終わり方、これはずるいです。
さすがに気になります。これは本当にずるい。なんて読者に優しくない作者なんだ!!!!と思ってしまいました。

ぜひ書いでください、もうほんとにお願いです。
ナチ    [2014年 12月 19日 17時 51分]

ご覧くださってありがとうございます!
ともすれば地味といわれてしまうような話に、そのようなお言葉頂けるなんて感激です。
恋愛に重きを置いたものを書く機会がなかったのですが、読むのも書くのも大好物なので、そう言って頂けて嬉しいです。
そっと心の宝箱におさめさせていただきます・・・!
最後、ずるいですか(笑)
最高の褒め言葉として受け取りました。
続きが気になってしまうような吸引力に憧れているのです!
投稿者: 睦月計時  [2014年 11月 15日 17時 48分] 15歳~17歳 男性
一言
初めまして霜月維苑と申します。

恋愛ものを勉強しようということで短編の恋愛ものを漁っていたところ、こちらの作品を発見しました。

この小説を読む

そこを押し、ナチ様が描く世界が出現すると、最初の数行を読んだだけで私はブックマークに手を触れていました。

名作に出会った……純粋にそう感じた瞬間だったと思います。
この文は中途半端な読書量では書けないです。
何故そう感じたかというと、下手に難しい語句を使わないということです。

読む方を意識した書き方、しかし稚拙に見えない書き方、句読点の割り振り、漢字とひらがなのバランス……

本当に素晴らしかったです。

評価も文句無しの5・5です!

この作品を読ませていただき本当にありがとうございます……。
ナチ    [2014年 11月 16日 18時 13分]
初めましてこんにちは!
最初の数行でブックマークに入れて頂いたとは、嬉しさのあまりに言葉になりませんです。
小説を書く際、自分なりに、読みやすく、あまり難しい語句を使わず、それでも平坦にならないように、ということを目標にしながら書いているので、頂いた感想がありがたくてありがたくて、本当に報われた思いです。
頂いた美しい言葉にふさわしい、良いものが書けるようにこれからも精進いたします。

こちらこそ沢山の作品の中から選んで読んで下さってありがとうございました…!
投稿者: まちゅうさん  [2014年 11月 06日 22時 21分] ---- 女性
一言
タイトルに惹かれて読みました。
すごく好きです、このお話。
はるか昔に過ごした(遠い目・・・)懐かしい校舎の中の図書室を思い出しました。
ごく普通の少女の、ささやかな、心に触れる出来事。
あけすけな感情をあらわす言葉はないのに、
たくさんキュンキュンしました!
大事にとっておいてまた読み返しますね。
ナチ    [2014年 11月 16日 18時 04分]

ご覧くださってありがとうございます!
タイトルに頭を悩ませることが多いので、惹かれたと言ってもらえてとてもホッといたしました。
わーすごくうれしいですありがとうございます!
ささやかな日常の地味と言えば地味な青春の一ページなのですが、ほんのりとときめいて頂けたら成仏できます。
私もこの素敵な感想しつこく読み返します!
投稿者: ユーリ  [2014年 11月 05日 07時 06分] ---- ----
良い点
素敵な内容だなと思いました。

放課後の、帰りのバスが来るまでの少しの時間に、少しずつ2人の仲が縮まっていく様子がキュンときました。

最後の決まった答えを出さない曖昧な、読者の想像に任せる終わり方は私も好きです。
続きが気になるけど、こういう終わり方が1番綺麗に聞こえてきます。
面白かったです。
ナチ    [2014年 11月 16日 17時 59分]

ご覧くださってありがとうございます!
学生の日常に寄り添った、あまり派手な話ではないのですが、多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思います。
あああ! 余韻を残すような終わり方がとても好きなので、同じ嗜好の方と出会えるとすごくはしゃぎますありがとうございます!
このあとどうなるのかな、と想像をめぐらすのも物語の楽しみですよね。
投稿者: 早瀬優希  [2014年 11月 03日 09時 07分] ---- ----
良い点
うむ
一言
特に何か特別な事が起こったわけでもなく、ごく自然に近づいていく二人の模様がすごくキュンキュンしました!
ランキングから参りましたが、この作品を読んで、貴女の他の作品も読もうと思いました。
ナチ    [2014年 11月 04日 14時 13分]

ご覧くださってありがとうございます!
大きな事件もなく、地味とも言える展開のお話なのですが、なんでもないやり取りの中から漂う恋模様など感じ取って頂ければ嬉しいです。
ランキングからまことにありがとうございます、拙作はコメディが多いのですが楽しく読んで頂けますように!

投稿者: くま  [2014年 10月 31日 16時 27分] ---- ----
一言
うむ、此れは良い青春!

私は普段ファンタジーやコメディー作品を読みつけているので、ナチ様の作品でなければこんな穏やかな現代恋愛物なんて読まなかったと思います。
ナチ様独特の表現のお陰で、飽きずに最後までトキメけました。ありがとうございます。
ナチ    [2014年 11月 04日 14時 09分]

ご覧くださってありがとうございます!

普段はあまり踏み入れないジャンルにも関わらず読んで下さったんですね、感謝感謝です。ご期待を裏切らずに済んでよかった!
十代の頃の一瞬の輝き…それは青春…みたいな話を書くのがやたらと好きなので、お気に召して頂けて本当にうれしく思います。
こちらこそありがとうございました(´▽`)
投稿者: 大庭嘉門  [2014年 10月 30日 13時 17分] ---- ----
一言
うむ
ナチ    [2014年 11月 04日 14時 04分]
うむ!!!
投稿者: 都城 ひなみ  [2014年 10月 27日 10時 40分] ---- ----
良い点
きゃー(≧∇≦)
図書室が舞台ですか!大好きなシチュエーションです!
綺麗な文章だなと思いました(*^^*)
一言
2人を見守る図書委員になりたいです(≧∇≦)
ナチ    [2014年 11月 04日 14時 04分]

ご覧くださってありがとうございます!
図書室いいですよね、図書室。現実はどうあれ、脳内の図書室にはロマンがパンパンにつまっております。
常に二人をガン見する図書委員ですね、いいですね私も混ぜてください(図書の仕事はしない)
投稿者: 生際防衛隊  [2014年 10月 26日 23時 04分] ---- ----
一言
「うむ」かぁ。良いなぁ……キュンキュンしますね。
ナチ    [2014年 11月 04日 13時 58分]
ご覧くださってありがとうございます!
うむ。
青春にひそむキュンキュンとしたものを一端でもお届けできれば本望です。
うむ。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ