蜘蛛ですが、なにか?

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 黒峰唯人  [2017年 03月 26日 03時 00分] ---- 男性
一言
手段はともかくとして、死にたくないっていうポティマスの考えには共感できますね
死んだらなにも残らないっていうのは怖いですし…
投稿者: シナポン  [2017年 03月 24日 02時 59分] ---- ----
一言
今さらながら書籍版読んで思った。
書籍版のポの大物感まるで別人やないか
投稿者: Zeruch  [2017年 03月 23日 01時 41分] ---- ----
一言
Dの名前ってDEITYから来てるの?
投稿者: eques  [2017年 03月 22日 21時 06分] ---- ----
一言
システム面 ザナ・ホロワ→不死
システム外 神性領域拡張Lv10→神化
うん……ポの字、君が生み出した失敗作とやらの孫は、君の欲しいものを全部搔っ攫って行ったよ……
まさに道化!ポが蜘蛛子の存在を知ったら、歯軋りしながら血管ブチ切れて、そのまま頓死しそうなレベルじゃないかと。
投稿者: 薙凪  [2017年 03月 22日 19時 36分] ~14歳 ----
良い点
読んでてとても楽しいです。面白いです。個人的には心情とかが良く分かるので過去編とか別視点とか嬉しいです。
一言
エスケープも読んだのですが、そちらも面白かったです。何故かポティマスがエスケープの足立くんなのではという説が自分の中に立ってます。
更新されるのが楽しみです。作者さんのペースで、まったりでも進めてくれるととてもうれしいです。
投稿者: 神坂真之介  [2017年 03月 22日 10時 41分] ---- ----
一言
死んだらどうなるのか、いつか生き物は死ぬ
どうせ死ぬなら、何をしても意味が無い
自分が自分で亡くなるのか、死後の世界はあるのか

その昔、子供の頃真剣に悩んだ事があった気がする。
まぁ、所詮子供なので直ぐに考えなくなったのだが
考えすぎると、ドツボにはまる系ですねぃ。死んだら死んだ時だよ!

大体長生きしても良い事があるとは限らないのだし、それなりに生きられればいいよ人間ってのはさ。ケセラケセラでござる。
投稿者: 織兎  [2017年 03月 22日 01時 58分] ---- ----
一言
ポティマスの死への恐怖心がまんま自分だった。実際に行動できたらどれほどいいものか…。やり方はアレですがね!!(笑)
投稿者: 寝歩き  [2017年 03月 21日 17時 32分] ---- ----
良い点
一人称視点で物語が進んでいくと、どんなに頑張っても語り手以外の心境や行動が分かりにくくなってしまいがちなので、内容としては同じ時を語っているけれど別人の視点で新たな気持ちで楽しめる作品だな、と改めて思いました。

気になる点
その点、同じ出来事を繰り返し語ることになるので人によっては飽きてしまうのかもしれませんが……合う人はとことん合うし実際に気に入っている方々が多いのはひとえに作者さんの物語が魅力的だからだろう、と思いました。これからも応援しております。
投稿者: 大佐0918  [2017年 03月 21日 04時 00分] ---- ----
一言
ポティマスは分体をいくつも持ってたけど本体は生命維持装置で生かされてたから、他人の体に自分の魂を完全に移しかえることは出来ないのか
となると不死身になるにはやっぱり神に成るしかないわけで…

でも神になったところで格上の存在はまだまだいるし
白や魔王が殺し損ねたとしてもいつかは別の神に殺されたのでしょうね
投稿者: ひとふで  [2017年 03月 20日 22時 29分] ---- ----
一言
なんか同じストーリーを視点を変えて何回も書いてるけどいい加減先に進めてほしい。やっとエルフの里が終わったと思ったら、ストーリーの流れ的にどうでもいい過去編がはじまるし、そういうのは書籍化の時に書き足しとけばいいんじゃないのかな。もう白編の蛇足感が半端ないわ。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ