戦国小町苦労譚

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: ぷよんぷよん  [2018年 02月 21日 17時 54分] ---- ----
良い点
面白い。そして静子の知識無双すぎww
一言
面白いんだけどちょっと気になるのが・・(現在84/134)
おねとまつは何でこんなに静子に上から目線なんだろ?
この時期はまだ今浜を抑えてないから秀吉は織田家の単なる1武将でしかないし
利家に至っては拾阿弥ので色々あったせいで出世が遅れて越前取るまでは
不遇も不遇の地位だったわけで・・。

若い女とはいえ信長の直臣の静子に、しかも近衛家の娘と発表された静子に
対してまつやおねのような尾張の片田舎の下級武士出身の女子は声すら
掛けられない時代だと思うんだよなぁ。
投稿者: まみゅ  [2018年 02月 16日 02時 41分] ---- 女性
一言
こんばんは!
初見でついつい面白くて一気に最新話まで読み進めてしまいました!
これからもがんばってください!
投稿者: さんせい  [2018年 02月 15日 21時 13分] ---- ----
気になる点
読み直していて思ったのですが、
公的なものくらいしか紙の本がないとか
親世代はどうも戦争を経験しているなど
静子が居た現代は我々の現代とどのくらい違うのか気に成りました。
書籍版には書いてあったりするのでしょうか?
一言
ひろたかさん、有難うございます。
確かに活動報告に書いてありましたね。
しかし、言い訳を言うとそういうものは誤解が生じにくいように
活動報告に書くよりもあとがきに書いて置いて欲しい物です。
真田幸村の事なんか、本文中に注意文が入っていたのに。
投稿者: ひろたか  [2018年 02月 15日 17時 21分] ---- ----
気になる点
蒸気機関の登場で気になるのは、どの程度の工業力があるかですが、一般的な工作機械はほとんど開発済みと考えた方が良いのでしょうか?
一言
さんせいさんへ本文からの引用ですが、
「一年を365日と3刻(6時間)に定め、12ヶ月を以て一年とし、奇数月を31日、偶数月を30日とする。2月を閏年の調整月とし、平年は29日。閏年では30日として扱うとした暦でしょうか?」
とありますので8月の31日を2月に振り替えたと考えれば問題ないかと思います。(1月15日付けの活動報告に暦について書かれています。)
 この時代的には、太陽暦であるユリウス暦はありますが、現代も使われているグレゴリオ暦の制定はまだですし西洋の暦に合わせる必要も無く独自の暦ということで良いのではないでしょうか?
投稿者: アランスミシー  [2018年 02月 15日 12時 58分] ---- ----
一言
圧し掛かるについて

千五百七十三年 一月下旬

敗北という事実が重く圧し掛かっていた…

とありますが
精神的に「のしかかる」場合はひらがなで良いのではないかと思います。
「圧し掛かる」場合は物理的に体重が乗る場合、体重を何かに預ける場合であったかと
投稿者: さんせい  [2018年 02月 15日 03時 34分] ---- ----
気になる点
>千五百七十四年 一月下旬
太陽暦で2月は通常28日までで、閏年に29にまでに成ります。
幾らなんでも現代人として間違ってはいけない部分でしょうに。
投稿者: 異邦人  [2018年 02月 15日 02時 23分] 40歳~49歳 ----
良い点
更新お疲れ様です。
一言
味方の筈が呉越同舟とはこれ如何に(笑)
投稿者: ルサルカ  [2018年 02月 14日 20時 21分] ---- ----
一言
久々に読み返したけど濃姫様可愛すぎ問題
機知に富んで気まぐれで、器用だけどちょっと不器用で、でも気に入ってる相手には容赦なく好き好きと引っ付いてくるの卑怯すぎない?
投稿者: OLDTELLER  [2018年 02月 14日 04時 11分] ---- ----
一言
推敲

>小人(つまらない人物)


>つまり広く仕事を与え、万民が積極的に社会へ関わるように仕向ければ、自然と争いは少なくなるのだ。

という事は社会論ですから
(つまらない人物)という抽象的な説明より

大人と小人の区分は、大局観という視野の広さと客観性を保つ悟性を有するかだから

目先の事しか見ないような利己的な俗物は
暇になると陰で利己的に働こうと善くない事をする

だから
社会というものに対する責任や利己的行動による独善や偽善というものを考えて、自分を客観視するのが君子には必要で

そういう君子の視点を持つ‘ 大人 ’を多く育て‘ 小人 ’を少なくする事が大事という社会論として語る場合なら

(目先の事しか見ない俗物)

とかのほうが判りやすい気がしますね




投稿者: ふーま  [2018年 02月 13日 22時 18分] ---- ----
一言
(この場にいない)羽柴殿も明智殿も異存はあるまい
という事でしょうかね

挑発するまでは協力する、と言っても挑発のやり方によってはスタートダッシュを決めて大手柄を上げれる場合も多いですからね
やり方を合議で決めても誰がやるかでまた勲功が変わりそうですしね
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ