水色桔梗ノ末裔 

感想一覧 ▽感想を書く

投稿者: 五反田猫  [2018年 01月 17日 07時 44分] 50歳~59歳 男性
良い点
成る程 ここで武田再興が利いて、徳川が織田後見の立場に立てなくなるのですね。加えて甲斐も手に入らないのでお見事です。
気になる点
ご参考まで:三法師を報じた徳川軍は→奉じて
一言
これからも楽しみにしております。
げきお    [2018年 01月 17日 11時 40分]
ご指摘ありがとうございます。

やはり漢字のチェック甘いですね。すみません。

頑張りますので今後もよろしくお願いします。
投稿者: 六連星  [2018年 01月 06日 11時 09分] 50歳~59歳 男性
一言
足元の固めは無事終わった、さあここから本番ってとこですかね、武田と上杉に対してうっていた手もあるし、包囲網も盤石ではない、徳川と北条は不気味だけど、
げきお    [2018年 01月 06日 11時 53分]
そうなんですよ~~

ここからは史実との絡め方が難しいです。

あまりに突飛な内容にもできないですし・・・

投稿者: 六連星  [2017年 12月 10日 11時 41分] ---- 男性
一言
昌幸がなんというか昨年の大河の草刈 正雄さん風のさわやかに笑いながら毒を吐く感じで懐かしく感じました、丹波 哲郎版じゃない感じですな。
げきお    [2017年 12月 10日 12時 56分]
ん・・・・イメージは難しいですね。

昌幸は今回の設定では謀将でありながらも義に厚い

そんな感じです。個人的好みが反映されてます
投稿者: 六連星  [2017年 11月 30日 10時 24分] ---- 男性
一言
蒲生家は代替わり、その手があったかお見事。
そして史実でも耐える政治判断が持ち味の前田利長ならこれが自然。
げきお    [2017年 11月 30日 17時 29分]
ありがとうございます。

悩んだ結果想像してこうなりました。
投稿者: 夢想する人  [2017年 11月 25日 15時 15分] ---- ----
一言
池田勝三郎に謀反の真意を話せば、殺した事は許せなくとも、致し方なかったという事は理解してもらえそうな気も。
勝三郎を納得させる事が出来たら、元織田方の切り崩しに力を発揮しそうですね。

げきお    [2017年 11月 25日 22時 27分]
そこは実際どうなんでしょうね?

設定では家名存続のためとしていますが・・・

色々な武将の捉え方も難しいです
投稿者: 六連星  [2017年 11月 25日 11時 19分] ---- 男性
一言
蒲生賢秀らしいなぁおそらく氏郷以上に説得難易度は高いかと、もうひとつ材料がほしいとこですな。
氏郷は清廉で有能なイメ-ジあるけど、九戸政実の乱の対処とかあたり、意外に俗物ぶりみせてるから。 
げきお    [2017年 11月 25日 15時 11分]
確かにそうですね・・・どう描こうか悩みますね。

今後はけっこう脚色入るとは思います
投稿者: 六連星  [2017年 11月 19日 12時 14分] 50歳~59歳 男性
一言
主人公たちが気づいてる歴史改編後の対応と天然チ-トな化け物クラスの史実武将の底力、転生チ-ト作品の見せ場はここからですね。
他作品の例ですみませんが、主人公の介入で美濃制圧がはやまり全盛期の三好と正面対決するはめになっても伸びる信長とか、変化した事を逆手にとって謀略仕掛ける毛利元就とか、唸らされる展開はすごかったです。
げきお    [2017年 11月 19日 15時 15分]
色々難しい処です。個人的に武将の好き嫌いもあるし、どう活かすか。

試行錯誤ばかりしております。
投稿者: 夢想する人  [2017年 11月 15日 10時 21分] ---- ----
一言
これで一先ず秀吉の出鼻は挫きましたね。
この先の、史実では無かった、柴田、滝川、家康との対決をどうするのか、楽しみにしてます。
げきお    [2017年 11月 15日 16時 11分]
これからですね。

色々悩ましいですが今後ともよろしくお願いします
投稿者: めがね  [2017年 11月 11日 15時 03分] ---- ----
良い点
明智光秀側視点で書かれているところ。
気になる点
戦の最中の号令に「~」を使っていますが、間延びした感じがして緊迫感が無い。何か「上様のおな~り~」みたいな。
げきお    [2017年 11月 11日 15時 18分]
ご指摘ありがとうございます。

~~~よりもーーーーの方がいいですかね?

検討してみます。
投稿者: 六連星  [2017年 11月 08日 10時 50分] 50歳~59歳 男性
一言
順慶が史実より姑息でむかつくけどみぬかれてるcからどうなるかなぁ
げきお    [2017年 11月 08日 14時 29分]
まあ、この辺りは作者の主観がどうしても入ってしまいます。

架空歴史物なので、自由度はありますが、

史実との乖離を指摘されたら辛いかもですね
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。

↑ページトップへ